LOVE★Cheeses

チーズスペシャリストになるまでのチーズとのふれあいを淡々と綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【フランス】Cantal(カンタル)AOC
カンタル


Cantal(カンタル)AOC
・セミハード
・フランス オーヴェルニュ地方
・牛乳
・熟成 30日以上。好みによりまちまち
・固形分中乳脂肪分 45%


コンテ・ロックフォールに続きAOCチーズの中では第三位の消費量。
オーヴェルニュ地方を代表する大型チーズ。

白っぽいグレーでごつごつした表皮。
側面にマークがはめこまれている。

ミルクの香りと素朴でナッティな風味。
組織がもろく、ヨーグルトみたいな酸味のある味わい。
  1. 2006/02/08(水) 16:57:58|
  2. *セミハードタイプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【フランス】Morbier(モルビエ)AOC
モルビエ


Morbier(モルビエ)AOC
・セミハード
・フランス コンテ地方
・牛乳
・熟成 2ヶ月~
・固形分中乳脂肪分 45%


2000年にAOC入りしたセミハードチーズ。
フランスで一番消費量の多いコンテを作る時の残り物のチーズを使って
自家用に作られていたのがはじまり。

鍋底に残ったカードの虫除けのためにススをふりかけて
次の日にまた残ったカードをその上から足してチーズを作っていたので
真ん中の部分にこんなラインがあるそう。
これはモルビエにしかない特徴。
(ちなみに今はススじゃなくて食品添加物。)

皮のあたりがウォッシュっぽい風味。
ナッツみたいな香ばしい味がする。

モルビエ約200gカットMorbier
モルビエ約200gカットMorbier
  1. 2006/02/08(水) 16:52:41|
  2. *セミハードタイプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【フランス】Reblochon(ルブロション)AOC
ルブロション


Reblochon(ルブロション)AOC
・ウォッシュ
・フランス サヴォア地方
・牛乳
・熟成 1ヶ月半~2ヶ月
・固形分中乳脂肪分 45%


農民が牧場主をごまかすために、すべて搾りきらずにとっておいた乳を再び搾って保存用に作ったチーズ。
再び搾る=ルブロション。

もっちりしてミルクの風味が豊かな味わい。
中には気泡が入っていて、ナッツの風味もある。

ルブロション AOC 240g
ルブロション AOC 240g


アフィリエイトリンク
  1. 2006/02/08(水) 16:41:01|
  2. *ウォッシュタイプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シェーブル・ショーのサラダ
シェーブルショーのサラダ


シェーブルチーズはクセが牛乳のチーズよりも強くて好き嫌いがあります。
そんなシェーブルは、焼くとクセが弱まって食べやすくなるそうで。

これはフランスではよく食べられている、サラダと焼いたシェーブルとの組み合わせ。
  1. 2006/02/07(火) 00:02:30|
  2. チーズの料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【フランス】Epoisses(エポワス)AOC
エポワス


Epoisses(エポワス)AOC
・ウォッシュ
・フランス ブルゴーニュ地方
・牛乳
・熟成 4週間~
・固形分中乳脂肪分 50%


ウォッシュの王様。
表面をマール酒で洗っている。
ピリッと舌をさすような刺激味と芳醇な香り。
皮はオレンジ色でねっとり。
週に1~3回洗って1ヶ月以上熟成させる。

エポワス
エポワス
  1. 2006/02/06(月) 23:58:38|
  2. *ウォッシュタイプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




前のページ | ホーム | 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。